♪書いている人♪

♪はじめまして♪

♪私のプロフィール♪

高校時代の修学旅行以来、京都に夢中になりました。結果、京都で学生生活を送り、京都人の夫と結婚。 いろいろ京都の美味しいものを探しています。 京都のお漬物が大好きです。

♪おすすめの品♪

京漬物通販

千枚漬通販

貫禄の老舗・村上重本店(むらかみじゅうほんてん)さんへ♪

0
    JUGEMテーマ:京都グルメ

     
    京都のまちなかにある、有名なお漬物屋さんといえば、1832年(天保3年)創業「村上重本店」さんですね。
    村上重本店
    四条河原町のマルイ(前:阪急百貨店)さんの南側の小さな筋を入って行ったところにありますが、周りがビルだらけなので、はじめて行く人にとっては、えっ、こんなところに?お漬物やさん?と、おそるおそる入っていくこととになるかもです(笑)

    しかし、そんな雑居ビルの中に囲まれても、この貫禄のたたずまい、素敵ですよね。私は老舗のノレンをくぐると、背筋がしゃきっとする感じがして大好きです。矢印上

    村上重さんのことを知らない方に、しおりの文章から抜粋してみました。
    -沿革(村上重でいただいたしおりより抜粋)- 村上重は、1832年(天保3年)の創業以来、素材の持ち味を生かす、家伝独自の製法で、季節限定の漬物を製造してまいりました。中でも当店名物の「千枚漬」は、発酵法の製法にこだわり続け、今日では「村上重の千枚漬」として、広く全国の皆様よりご愛顧いただいております。
    都のあった京都では、100年くらいお店をされているだけでは、なかなか老舗と言ってもらえなかったりするんですが、おつけものは元来、自宅で漬けるもので、行商が多く、お商売をされている漬物店というのが少なかったようです。ですから180年のお漬物屋さんといえば、かなり歴史があるの方だと思います。

    京都森乃家さんの菜乾(フリーズドライ漬物)つづき

    0
      菜乾 しば漬
      水で戻した、菜乾「加茂なすしば漬け」
       
      前回の記事でご紹介した、菜乾「加茂なすしば漬け」を早速開封しまして、少しずつ水を加えて戻しました。果たして、こんなカッサカサのふりかけ風のものが、きちんと水で戻るのかな〜(笑)と疑問でしたが、少しずつ水をふりかけていくと、わずか1分ほどで、思ったより本格的な、しば漬けが出来上がったんです。色もこのように、美味しそうでしょう?

      私が驚いたのは、その戻りの速さと、味の良さでした。歯ごたえに関しては、もともと、かも茄子のしば漬けにはあまりありませんから、この柔らかい感じで十分です。それから、いただく時のコツとして、水で戻して、いきなりいただくのではなく、さらに数分なじませた方が、繊維がそれなりにふっくらするように個人的には感じました。

      京都森乃家さんの菜乾(フリーズドライ漬物)

      0
        菜乾のパッケージ
        菜乾は、色々な種類があります。これは加茂なすしば漬け
         本当に軽い♪開封後も便利なチャック付き。

        関西テレビで円宏志さんが「美味しい!」と紹介いたということで、爆発的に人気に火がついたという京都森乃家さんの「菜乾(さいかん)」(フリーズドライ漬物)。以前から気になっていたのですが、しばらく売り切れ状態でなかなか手にはいらず、ようやく、ちょっと前になって、製造が追いついたと聞きお店に購入しに行ったところです。

        こちらのお店は下京区の松本町が住所になっているのですが、菜乾は、JR京都伊勢丹(京都駅に隣接しています。)の地下一階にある「楽味京都」さんでも買い求めることができると聞いて、見に行ってみました。

        上賀茂の「すぐきや六郎兵衛」さんに行きました。2/2

        0
          すぐきや六郎兵衛商品
          上賀茂のすぐきや六郎兵衛さんへ行ってきました(1/2)からの続きです。 上賀茂神社前の「すぐきや六郎兵衛」さんで購入したお品物は、「割りすぐき」「らぶれぎゅっ!」というもの。「らぶれぎゅっ!」の方は、ラブレ菌が配合された、マンゴー味のゼリー状のドリンクです。

          えっ、漬物屋さんでゼリードリンク?っという人もいるかも知れませんので、簡単に説明してみますが、すぐき漬に、ガンを抑制するインターフェロンを活性化させるというラブレ菌が住み着いていることをルイ・パストゥール研究所がしばらく前に発表したんです。私が某お漬物やさんに勤めている頃だからもう10年以上前になるんですかね。それ以来、ラブレ菌を使った商品とかサプリメントとか、乳飲料とか、食品を通じて、ラブレを手軽に取れる商品が、ちまたで爆発的に増えましたね。(※加筆訂正:ラブレ菌は1993年にルイ・パストゥール医学研究センター岸田綱太郎博士によって発見されたそうです。)

          この「らぶれぎゅっ!」もそうした商品なのでしょうね。飲んでみると、すごく美味しかったですよ。美味しいマンゴードリンクで、なにも違和感ありません。上賀茂神社のお散歩のあとに、ちょっと疲れを取るのによさそうです。


          割りすぐきは、よくある刻みすぐきに似ていますが、どちらかというと、葉よりもすぐきの白いところがたくさん入っています。商品の光の当て方が上手にできなかったので、色が真っ黒に見えますが、この黒っぽいものは葉っぱの部分です。私はどちらかというと、葉の部分が多いものが好きなんです。(^^*)

          でも、葉の部分が沢山入っている「刻みすぐき」は、近くの「なり田」さんで購入することにしていましたので、こちらのすぐきや六郎兵衛さんでは「割りすぐき」を購入。

          すぐきや六郎兵衛さんの包装紙の上に置いてパチリ割りすぐき
          日持ちの方は、購入した日から約2週間くらいでした。ただ、購入した日をうろ覚えなのと、生産したその日に店頭に並んでいるわけではないと思いますので、生産してからの賞味期限がどれくらいなのかがちょっと分からないです。それは他のお店にも言えることですけど。

          パッケージの裏の写真を拡大すると、材料は、すぐきと塩だけ。他店と同じように、刻み商品は何か調味してあるのかなと思っていましたので、このシンプルさは意外でしたね。


          包装紙 包装は、商品を右側の包装紙でくるんで、そとはこの白い袋です。いまどきは手提げ袋よりこうした袋の方が多いですね。この絵は上賀茂神社の神事だと思いますが、このかんじが京都らしくて好きです。


          【すぐきや六郎兵衛さんの店舗情報】

          〒603-8065 京都市北区上賀茂神社鳥居前
          電話:075-721-6669 FAX:075-791-7374



          応援してね♪
          にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ 惣菜・漬物(グルメ)へ

          上賀茂の「すぐきや六郎兵衛」さんに行きました。1/2

          0

            世界遺産の上賀茂神社、5月の葵祭(あおいまつり)で有名ですけど、ご存知ですか? 葵祭は、祇園祭や時代祭と並んで、京都の三大祭と言われています。
            その上賀茂神社の鳥居の向かいに並んでいる複数のお店の一つが、「すぐきや六郎兵衛」(すぐきやろくろべえ)さん。木樽が、昔ながらのお漬物屋さんって感じで、いい雰囲気してますね。

            この距離でも、中からぷ〜んと、漬物の香りがしてきましたよ。お漬物をあまりご存じない外国人の方はこの香り、どう思うんでしょうね。私はかぐわしいと感じて、自然にお店に吸い込まれて行ってしまいますけど(笑)

            (この記事をアップする一ヶ月くらい前に行ってきました。今はたぶん、のれんの色も夏の白色から、紺色に変わっているかも知れません。)

            すぐきや六郎兵衛店内
            お店の中はこんな感じ。撮影の許可をいただいて、記念にパチリ奥に飾ってある写真は、漬け込み前のすぐきの写真ですね。こじんまりとしたお店でした。商品は色々種類があるのですが、少しゴチャゴチャとしていました。店の入り口に近いところに冷蔵ケースがあり、すぐきなどが展開されていました。

            右下の樽のPOPがちょっと古めかしい感じがしますね。これがザ・京漬物的なところもあるんですけど、もうちょっとおしゃれな感じがする方が、お土産に買い易い(人に渡しやすい)ところはあるんですけどね。楽しく買えた品物を楽しく誰かにあげるのが嬉しいのですから。

            でも、すぐきや六郎兵衛さんの包装紙は結構好きですよ。購入した商品と合わせて、次の記事、上賀茂の「すぐきや六郎兵衛」さんに行ってきました。2/2でご紹介しますね。



            応援してね♪
            にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ 惣菜・漬物(グルメ)へ

            << | 3/4ページ | >>