♪書いている人♪

♪はじめまして♪

♪私のプロフィール♪

高校時代の修学旅行以来、京都に夢中になりました。結果、京都で学生生活を送り、京都人の夫と結婚。 いろいろ京都の美味しいものを探しています。 京都のお漬物が大好きです。

♪おすすめの品♪

京漬物通販

千枚漬通販

土井志ば漬本舗の志そ漬きゅうりと、ぶぶ漬しぐれ

0
    しそ漬きゅうり

    土井志ば漬本舗さんでは、前回紹介した生志ば漬の他に、志そ漬きゅうりと、ぶぶ漬しぐれも買いました。

    この志そ漬きゅうりは、冷蔵庫に入っていました。色々味付けがしてあるので日持ちがしないということなんでしょう。さすがしば漬専門とあって、この手の商品は色々な種類がありました。色々買いたいのですが、また千枚漬の季節にまいりましょう

    味はコリコリと歯ごたえがあって生姜が効いています。好みですが、ちょっと私には酸味がきつく、生志ば漬には及ばないなという気がします。

    しば漬食べたい、という今はなき山口美江さんが20年以上前にされていたフジッコさんのCMでは、しば漬がキュウリで作ったものと誤認識されると、京都の漬物業界では物議を醸すことになったそうです。

    ですから、しば漬という名前は、「茄子と紫蘇と、塩」というのが基本になっているため、それ以外の材料、とくにキュウリについては、しば漬とはパッケージにうたわない、という決まりができたとかできないとか・・・

    でも、もっとも、私も京都に来る前までは、しば漬けというものはキュウリという認識でしかありませんでした。そんなことより、美味しく食べられれば、消費者側にとっては、正直言って、なんでもいいのかも知れません。

    そして、私の夫が、土井志ば漬本舗さんのこの商品の大ファン。
    ぶぶ漬しぐれです。

    ぶぶ漬しぐれ

    これで、お茶漬けすれば最高よ!ということなのですが、

    京都は、よく知られている言い伝え「ぶぶ漬け食べていきおす。」と言われたら、帰りなさいという家主からのお知らせなのだとか。そこで食べて行ったら、こんな非常識なことはないと。そんな都市伝説があります。

    でも、私は20年以上ここにいますが、そんなこと言われたことはありませんね(笑)

    ただ、京都の人はストレートに、「自分がこれから用事があるから帰って頂戴」とか、そんな言い方はしません
    アクションを相手に決めてもらうために、お茶もう一杯いかがです?、と言われたら、そろそろお開きという、気づきの心を相手に求める美学ということはあると思います。


    ⇒これに反して、いただきますと言ったら、たぶん「鈍感」とかダメ扱いされる・・・かも?(^^;)

    ぶぶ漬しぐれ盛り付け

    応援してね♪
    にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ 惣菜・漬物(グルメ)へ

    まあ難しいことはさておいて、美味しい↑↑ぶぶ漬しぐれで↑↑、ぶぶ漬をおあがりやす・・・ 蕗と山椒がきいておいしいです。

    コメント
    コメントする