♪書いている人♪

♪はじめまして♪

♪私のプロフィール♪

高校時代の修学旅行以来、京都に夢中になりました。結果、京都で学生生活を送り、京都人の夫と結婚。 いろいろ京都の美味しいものを探しています。 京都のお漬物が大好きです。

♪おすすめの品♪

京漬物通販

千枚漬通販

近所の西利さんで紅白千枚漬を購入しました。

0
    JUGEMテーマ:京都グルメ

    久しぶりに近くの大型商業施設へ行き、ウィンドーショッピング。11月に入り、そろそろ冬のお漬物が美味しくなってくる頃ですね。
     

    京都の大手漬物店・西利(にしり)さんのお店を覗いてみました。

    西利の紅白千枚漬

    西利さんの紅白千枚漬とは赤かぶらを千枚漬風にしたものと、一般的な千枚漬をセットにしたり、一緒に贈ったりするものを指すらしく、一つパッケージの中に赤と白の漬物が混合しているわけではないようです。

    それにしても、この赤かぶらの千枚漬風(あくまで「風」)のパッケージ、ナナメに入れてあって楽しいですね。つくづく、西利さんのパッケージは女性の心をグッとつかむなきハート・・・と昔から思っていたのですが、こういう細かい気遣いをされるところはずっと変わりがないです。

    大手の京漬物はどこでも買えるところが良いところでもあり、また、伝統食品としての稀少価値が薄れるところでもありますが、それでも変わらずこれだけの人気があるのは、それだけ観光みやげや地元のお客さんのニーズ(贈答も含めて)があるのだと思います。

    どこのお店も、グレーと黒を基調とした売り場になっていて、季節感のある売り場に、女性は着物風の制服を着ておられます。売り場の女性に話しかけると、気さくな感じで、ラブレ菌のお漬物の話を聞くことができました。

    次はラブレ菌のぬか漬けを食べたいですね。違いは「ぬか漬けよりやさしい感じ。」なのだそう。今回はレポートできずにごめんなさい。ラブレ菌の効果については、以前もすぐきや六郎兵衛さんの記事で書きましたけど、すぐき独特の乳酸菌であるラブレ菌を健康食品的に、別の漬物に応用しているところがまた先進的というか、西利さんのすごいところだと思います。

    テレビ番組でラブレの漬物が取り上げられると、すぐになくなっちゃうんだそうですよ。

    そして、西利さんの先進的とういか、なんというか、前からすごいと思っているところなのですが・・・。「ご家庭用ですか?」と聞かれて「はい」と答えると、商品を入れてくださったポリ袋がコレ↓↓

    西利のポリ袋
    >>楽天で西利の漬物を比べてみる
     

    私の知る限りですが、浅漬けって、汁漏れしないように、中袋に入れてから、このような外袋に入れるものだと思っていたのですが、そのままの形でポンと外袋に入れてくださり、ちょっとドキっとしました。(もちろん、売り場の方も、色々会話する中で近所の人が購入しに来てすぐ帰るということを承知で入れてくださっているんですが。)

    これは、エコを意識されてるんです。

    お土産や贈り物として購入するとき入れてくださる紙袋は落ち着いたデザインにかぶらの絵が描いてあるお洒落なものなのですが、こちらに写真をアップするのを忘れて、ご自宅用でOKにしてしまいました。西利さんは本当に環境やエコへの取り組みも積極的で、世間の漬物店がまだ漬物を木樽に入れて贈答品としていた頃から、ものすごく簡易なパッケージを使い始められたのです。あの頃は違和感がありましたが、今はむしろ外側は捨てやすくていいかも、と思います。

    ちょっとシマッタ(^^;)と思ったのですが、お店の女性と楽しく話ができたのでよかったです。
    赤かぶらと千枚漬(紅白千枚漬)を試してみた感想は次回の記事にどうぞ。

    >>西利の千枚漬を見る

     

    応援してね♪
    にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ 惣菜・漬物(グルメ)へ



    【西利さん本店・店舗情報】
    〒600-8581
    京都市下京区下京区堀川通七条上る西本願寺前

    電話 075-361-8181

    ※私が購入したのはデパートの一角のお店です。

    コメント
    コメントする